トリンドルとは破局も…中村七之助は舞台の上も下も絶好調

公開日: 更新日:

 29日に行われた「赤坂大歌舞伎」(9月7~25日、赤坂ACTシアター)製作発表会見。歌舞伎役者の中村七之助(32)は、1人7役の早変わりに挑む「お染の七役」を演じるにあたり、こう決意を口にした。

「自分が主役として輝かせてもらっているという自覚を持って臨みたい」

 人間国宝の坂東玉三郎(65)から手取り足取りの指導を受けたという七之助。稽古最終日に授かったという助言を引用し、「『中村座をあなたが揺らしなさい』と言っていただいた。自分が一番(の役者)だと思って演じたい」とも語った。

 今回で4度目となる赤坂大歌舞伎は、18世中村勘三郎(享年57)がタネをまいた公演だ。長男の中村勘九郎(33=同右)が「父の残した財産のひとつ」と意気込みを語るように、勘九郎・七之助兄弟にとって並々ならぬ思いがある。前回(13年)の公演で亡き父の当たり狂言「怪談乳房榎」に挑んで観客を沸かせた勘九郎に代わり、今公演では七之助が“主役”を務める。演劇評論家の水落潔氏は七之助について「女形を演じる若手の中で最も有望株」とこう評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る