芥川賞フィーバーに辟易も ピース又吉“狂奔の夏”はこれから

公開日:  更新日:

 小説「火花」が第153回芥川賞を受賞して1週間――。まさに「ひづめに火花を散らして、まっしぐらに狂奔する」(芥川龍之介『偸盗』から)ような激しい渦に放り込まれた「ピース」又吉直樹(35)。当人は寝る間もない忙しさだろうが、その周囲もまたフィーバーの渦中にある。

 23日、「ブレンディ ボトルコーヒー」のイベントに出席した又吉は“文豪”を思わせる着物姿で登場すると、過熱する報道や自身のプライベートのウワサについて少々辟易気味の様子。まず、週刊誌で報じられた一般女性との破局について「その噂は聞きました。それはないです。最後にお付き合いしたのは20代後半です……いや、何か強がっているみたいですけど。デートをする人もいない」と苦笑い。

 さらに“これからは本当にやりたいお笑いだけをやっていきたい。ひな壇に並ぶような、バラエティー番組にはもう出なくていいと思ってる”と“上から目線”で発言したという一部の報道についても「それは全部ウソ、大ウソですね」と一蹴。「コンビでバラエティー番組にどんどん出たいと思ってます」と、受賞後の宣言通り、「仕事の比重は芸人が100」であることを明言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る