• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芥川賞フィーバーに辟易も ピース又吉“狂奔の夏”はこれから

 小説「火花」が第153回芥川賞を受賞して1週間――。まさに「ひづめに火花を散らして、まっしぐらに狂奔する」(芥川龍之介『偸盗』から)ような激しい渦に放り込まれた「ピース」又吉直樹(35)。当人は寝る間もない忙しさだろうが、その周囲もまたフィーバーの渦中にある。

 23日、「ブレンディ ボトルコーヒー」のイベントに出席した又吉は“文豪”を思わせる着物姿で登場すると、過熱する報道や自身のプライベートのウワサについて少々辟易気味の様子。まず、週刊誌で報じられた一般女性との破局について「その噂は聞きました。それはないです。最後にお付き合いしたのは20代後半です……いや、何か強がっているみたいですけど。デートをする人もいない」と苦笑い。

 さらに“これからは本当にやりたいお笑いだけをやっていきたい。ひな壇に並ぶような、バラエティー番組にはもう出なくていいと思ってる”と“上から目線”で発言したという一部の報道についても「それは全部ウソ、大ウソですね」と一蹴。「コンビでバラエティー番組にどんどん出たいと思ってます」と、受賞後の宣言通り、「仕事の比重は芸人が100」であることを明言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る