ドラマや映画の企画も “又吉ノミクス”で火花ビジネス急加速

公開日: 更新日:

 処女小説「火花」でお笑い芸人初となる芥川賞を受賞したお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(35)の周囲が慌ただしくなってきた。

 所属する吉本興業は今回の“又吉ノミクス”特需を逃す手はないと、最大限に利用する気マンマンだからだ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「吉本は他の芸人の仕事まで増えるし、又吉サマサマでしょう。えげつないほど“又吉ビジネス”を仕掛けるはずです。すでに、出版界では新潮社の『ピース又吉が愛してやまない本20冊!』というフェアで紹介された本の売り上げが2.5倍になるなど、若者の活字離れが叫ばれ、不況といわれる出版界の活性化にもつながっている。又吉ビジネスはこれからが本番です」

 一夜にしてスターになった又吉の元には、これまで縁もゆかりもなかった大物俳優や大御所芸人らが内々に挨拶に訪れているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る