日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマや映画の企画も “又吉ノミクス”で火花ビジネス急加速

 処女小説「火花」でお笑い芸人初となる芥川賞を受賞したお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(35)の周囲が慌ただしくなってきた。

 所属する吉本興業は今回の“又吉ノミクス”特需を逃す手はないと、最大限に利用する気マンマンだからだ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「吉本は他の芸人の仕事まで増えるし、又吉サマサマでしょう。えげつないほど“又吉ビジネス”を仕掛けるはずです。すでに、出版界では新潮社の『ピース又吉が愛してやまない本20冊!』というフェアで紹介された本の売り上げが2.5倍になるなど、若者の活字離れが叫ばれ、不況といわれる出版界の活性化にもつながっている。又吉ビジネスはこれからが本番です」

 一夜にしてスターになった又吉の元には、これまで縁もゆかりもなかった大物俳優や大御所芸人らが内々に挨拶に訪れているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事