ピース綾部は“都落ち”危機? 作家デビュー又吉と開く実力差

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ「ピース」又吉直樹(34)の処女作「火花」(文藝春秋刊)が、オリコン週間文芸ランキング(3/23~3/29)で1位を獲得するなど、35万部以上のベストセラーを記録中だ。メディアには“文壇の寵児”として引っ張りだこで、2作目も期待されている。

 一方、又吉の影に隠れるようにして、相方の綾部祐二(37)の東京での仕事が減ってきている。ネット上では、2012年のペニーオークション問題の影響や又吉との実力差を指摘する声が上がるなど手厳しい。

 このところの又吉の活躍は目を見張るものがある。「文學界」2月号で発表した「火花」は、同誌初の重版がかかる呼び水となり話題になった。単行本も初週に約8万部の売り上げを記録し、華々しい小説家デビューを飾っている。

 また、ピンでレギュラー出演する経済番組「オイコノミア」(NHK)の放送枠が、25分から45分にジワリと拡大。<又吉さん純朴そうで好き><大喜利的な瞬発力&発想力は凄いなと思う又吉>と評価も高く、着実に活躍の場を広げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る