ピース綾部は“都落ち”危機? 作家デビュー又吉と開く実力差

公開日:  更新日:

 お笑いコンビ「ピース」又吉直樹(34)の処女作「火花」(文藝春秋刊)が、オリコン週間文芸ランキング(3/23~3/29)で1位を獲得するなど、35万部以上のベストセラーを記録中だ。メディアには“文壇の寵児”として引っ張りだこで、2作目も期待されている。

 一方、又吉の影に隠れるようにして、相方の綾部祐二(37)の東京での仕事が減ってきている。ネット上では、2012年のペニーオークション問題の影響や又吉との実力差を指摘する声が上がるなど手厳しい。

 このところの又吉の活躍は目を見張るものがある。「文學界」2月号で発表した「火花」は、同誌初の重版がかかる呼び水となり話題になった。単行本も初週に約8万部の売り上げを記録し、華々しい小説家デビューを飾っている。

 また、ピンでレギュラー出演する経済番組「オイコノミア」(NHK)の放送枠が、25分から45分にジワリと拡大。<又吉さん純朴そうで好き><大喜利的な瞬発力&発想力は凄いなと思う又吉>と評価も高く、着実に活躍の場を広げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る