女優・岩崎ひろみ 大先輩の朝丘雪路に教わった「挨拶の所作」

公開日:  更新日:

 朝の連続ドラマ「ふたりっ子」でヒロインを演じ、その後もドラマや舞台で活躍中の岩崎ひろみさん(38)。1歳に満たない子役として77年のNHK銀河ドラマ「女の一生」でデビュー。その後の長い芸能生活で、陰になり日なたになり支えてくれたのがこの人――。

■「人の縁の深さを感じずにはいられません」

 芸能界の大先輩でお芝居のイロハを教えて下さり、しかも、私の日舞の師匠……それが朝丘雪路さん(80)です。

 初めて舞台をご一緒させていただいたのは、私が小学3年の時。明治座で行われた五木ひろしさんの公演でした。朝丘さんは母親役で、それをきっかけにすごく可愛がって下さるようになったんです。

 特に女優として教えていただいたのは、所作やしぐさ、立ち居振る舞いですね。例えば、楽屋へまずご挨拶に行くと、アメやお菓子を渡してくれたのですが、「はい、お手々出して」と言われて何げなく手を出すと、「女の子は指を揃えるだけで可愛くきれいに見えるのよ」って優しく教えて下さいました。確かに、やってみるとその通りなんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る