女優・岩崎ひろみ 大先輩の朝丘雪路に教わった「挨拶の所作」

公開日:  更新日:

 朝の連続ドラマ「ふたりっ子」でヒロインを演じ、その後もドラマや舞台で活躍中の岩崎ひろみさん(38)。1歳に満たない子役として77年のNHK銀河ドラマ「女の一生」でデビュー。その後の長い芸能生活で、陰になり日なたになり支えてくれたのがこの人――。

■「人の縁の深さを感じずにはいられません」

 芸能界の大先輩でお芝居のイロハを教えて下さり、しかも、私の日舞の師匠……それが朝丘雪路さん(80)です。

 初めて舞台をご一緒させていただいたのは、私が小学3年の時。明治座で行われた五木ひろしさんの公演でした。朝丘さんは母親役で、それをきっかけにすごく可愛がって下さるようになったんです。

 特に女優として教えていただいたのは、所作やしぐさ、立ち居振る舞いですね。例えば、楽屋へまずご挨拶に行くと、アメやお菓子を渡してくれたのですが、「はい、お手々出して」と言われて何げなく手を出すと、「女の子は指を揃えるだけで可愛くきれいに見えるのよ」って優しく教えて下さいました。確かに、やってみるとその通りなんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る