• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

俳優・神保悟志 駆け出し時代の支えは高倉健さんのホメ言葉

 大ヒットのドラマシリーズ「相棒」(テレビ朝日系)の大河内春樹監察官役で注目を集める神保悟志さん(52)。コネもカネも根拠もなく俳優を目指して、自力で道を切り開いてきた。そんな神保さんに大きな自信を与えてくれたのは、昨年亡くなった日本を代表する映画スター、高倉健さんだ。

■手紙を送っていただき天にも昇る気分に

 ボクの正式デビューは92年の2時間ドラマ「父の鎮魂歌」(TBS系)。29歳の時でした。30歳までには役者として何とかなるだろうなって思っていて、本当にギリギリでしたね。

 何とかなるだろなっていうのは、何か裏付けがあったわけではありません。静岡の田舎から出てきて養成所に通い、役者になる夢を追っていたんですが、芸能界にコネがあるわけじゃないですし。そんなボクに「役者としてやっていけるかもしれない」と自信を持たせてくださったのが、高倉健さんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る