神野美伽・荒木とよひさ 熟年離婚の裏で囁かれる“仰天理由”

公開日:  更新日:

「エーッ、ウソだろ!」――演歌歌手・神野美伽(49)と作詞家・荒木とよひさ(71)の離婚には関係者の誰もが驚いた。2人の“別居”はすでに周知の事実だが、両者ともそれを逆手にとって、コンサートなどでギャグにしていたからだ。

「別居が発覚したのは10年の9月。2人ともしばらくはコメントを控えていましたが、10月に行われたコンサートで、歌の合間に神野がマイクを握ると“このたびはお騒がせして申し訳ありません”と、いきなり別居話を切り出した。しかも事前に当の荒木氏を会場のど真ん中に座らせておいて、“ちょっとあんたも座ってる場合ちゃうで。ちゃんと立ってご挨拶しぃ”とやってヤンヤの喝采を浴びた。周囲はこれで“芸風は確立した”と見ていたのですが……」(音楽関係者)

 その後、2人に密着したドキュメント番組でも、「別居」「浮気」で笑いをとっていた。リポーターが神野に「浮気の心配はないですか」と問うと、「これまでいくつあったか。イチイチ気にしてたらキリがありません」。同じ質問を荒木にブツけると「僕も作家ですから、いくつになっても“愛”は必要で……」とやって最後は笑いで締めるという具合。川崎麻世じゃないけど、「夫婦漫才」は立派に成立していたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

もっと見る