神野美伽・荒木とよひさ 熟年離婚の裏で囁かれる“仰天理由”

公開日:  更新日:

「エーッ、ウソだろ!」――演歌歌手・神野美伽(49)と作詞家・荒木とよひさ(71)の離婚には関係者の誰もが驚いた。2人の“別居”はすでに周知の事実だが、両者ともそれを逆手にとって、コンサートなどでギャグにしていたからだ。

「別居が発覚したのは10年の9月。2人ともしばらくはコメントを控えていましたが、10月に行われたコンサートで、歌の合間に神野がマイクを握ると“このたびはお騒がせして申し訳ありません”と、いきなり別居話を切り出した。しかも事前に当の荒木氏を会場のど真ん中に座らせておいて、“ちょっとあんたも座ってる場合ちゃうで。ちゃんと立ってご挨拶しぃ”とやってヤンヤの喝采を浴びた。周囲はこれで“芸風は確立した”と見ていたのですが……」(音楽関係者)

 その後、2人に密着したドキュメント番組でも、「別居」「浮気」で笑いをとっていた。リポーターが神野に「浮気の心配はないですか」と問うと、「これまでいくつあったか。イチイチ気にしてたらキリがありません」。同じ質問を荒木にブツけると「僕も作家ですから、いくつになっても“愛”は必要で……」とやって最後は笑いで締めるという具合。川崎麻世じゃないけど、「夫婦漫才」は立派に成立していたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る