満席状態が続く 時節柄「日本のいちばん長い日」がヒット中

公開日: 更新日:

 今夏は映画が熱い。劇場も熱気がある。話題作が充実し、どのシネコンもすごく賑わっているのだ。最大のヒットは「ジュラシック・ワールド」。スピルバーグ監督の往年の名作「ジュラシック・パーク」の神通力が何といっても強い。

 一方、名だたる邦画や洋画の娯楽大作の中で大健闘しているのが「日本のいちばん長い日」。上映館数や上映回数があまり多くないので、トータルの成績ではそれほどでもないが、各シネコンでは満席状態が続いている。

 昭和天皇と鈴木貫太郎首相、そして阿南惟幾陸相を中心に70年前の戦争終結時の“いちばん長い日”を描く。戦後70年の記念作品ということもあって年配者が多く詰めかけている。これは安保法案を巡る現在の政治状況も影響していると感じる。

 戦争をどのように終結させるか。戦争開始の宣言をした(開戦の詔勅)のが天皇だったように、それを終結させたのも天皇。終結をめぐる非常に切迫した陸軍などの動きは結果的に天皇が治める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る