満席状態が続く 時節柄「日本のいちばん長い日」がヒット中

公開日: 更新日:

 今夏は映画が熱い。劇場も熱気がある。話題作が充実し、どのシネコンもすごく賑わっているのだ。最大のヒットは「ジュラシック・ワールド」。スピルバーグ監督の往年の名作「ジュラシック・パーク」の神通力が何といっても強い。

 一方、名だたる邦画や洋画の娯楽大作の中で大健闘しているのが「日本のいちばん長い日」。上映館数や上映回数があまり多くないので、トータルの成績ではそれほどでもないが、各シネコンでは満席状態が続いている。

 昭和天皇と鈴木貫太郎首相、そして阿南惟幾陸相を中心に70年前の戦争終結時の“いちばん長い日”を描く。戦後70年の記念作品ということもあって年配者が多く詰めかけている。これは安保法案を巡る現在の政治状況も影響していると感じる。

 戦争をどのように終結させるか。戦争開始の宣言をした(開戦の詔勅)のが天皇だったように、それを終結させたのも天皇。終結をめぐる非常に切迫した陸軍などの動きは結果的に天皇が治める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る