異例の初版8000部スタート ココリコ田中「動物図鑑」の期待値

公開日:  更新日:

 お笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹(44)が16日、初著書となる動物図鑑「図解 生き物が見ている世界」(学研パブリッシング刊)の出版記念イベントに登場。「本の出来上がりに非常に満足しています!」と胸を張ってみせた。

 ゾウやライオン、犬、猫、昆虫といった34種類の生き物の見ている世界をイラストで表現。構想から2年半もの歳月をかけた力作は、嫁サン(女優の小日向しえ)の“連れ子”であるミニチュアダックスフント2匹と寝食を共にするうちに、「この子たちにはこの世界がどんなふうに見えているんだろう」という素朴な疑問がきっかけで形になったという。つまり、大の動物好きとして知られる田中ならではの“芸人本”というわけだ。

 気になる出来栄えだが、共著・監修に名を連ねる生物学者で広島大准教授の長沼毅氏は「科学的根拠に基づいて作った。僕の人生の中でもピカイチの出来栄え」と満足げ。でもって、図鑑の初版は4000~5000部が相場の中で「同本の初版は8000部」(版元関係者)というから期待値も高い。続編にも意欲マンマンだった田中の願いは果たして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る