「日本映画少なくなった」気鋭の監督に聞く中国最新映画事情

公開日: 更新日:

「たしかに、日本映画の上映が少なくなってますね。最近はほとんど見なくなりました」

 中国の新鋭、リー・ルイジュン監督(32)はこう語った。9月3日に中国で行われる「抗日戦争勝利70周年」が注目を集め、中国で抗日・反日の戦争ドラマがこぞって放送されるなか、映画館での日本映画の上映状況を来日中のリー監督に聞いてみたのだ。

 中国では国内外を問わず、作品を上映するには当局の検閲を通らなければならないが……。

「私は幼いころ、小津監督の映画を通じて日本を学んできました。父母もそうですし、大概がそうだと思いますが、最近、映画館で上映された日本映画というと、『おくりびと』『小さいおうち』くらい。あとはドラえもんとウルトラマンといった子供向けしか思い出せません」

 抗日ドラマは、「石で日本の戦闘機を撃ち落とした」といった荒唐無稽な内容やシーンが少なくないとされる。日本映画は上映させない、抗日ドラマは垂れ流せという当局の決定を中国国民はどう見ているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る