「日本映画少なくなった」気鋭の監督に聞く中国最新映画事情

公開日:  更新日:

「たしかに、日本映画の上映が少なくなってますね。最近はほとんど見なくなりました」

 中国の新鋭、リー・ルイジュン監督(32)はこう語った。9月3日に中国で行われる「抗日戦争勝利70周年」が注目を集め、中国で抗日・反日の戦争ドラマがこぞって放送されるなか、映画館での日本映画の上映状況を来日中のリー監督に聞いてみたのだ。

 中国では国内外を問わず、作品を上映するには当局の検閲を通らなければならないが……。

「私は幼いころ、小津監督の映画を通じて日本を学んできました。父母もそうですし、大概がそうだと思いますが、最近、映画館で上映された日本映画というと、『おくりびと』『小さいおうち』くらい。あとはドラえもんとウルトラマンといった子供向けしか思い出せません」

 抗日ドラマは、「石で日本の戦闘機を撃ち落とした」といった荒唐無稽な内容やシーンが少なくないとされる。日本映画は上映させない、抗日ドラマは垂れ流せという当局の決定を中国国民はどう見ているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る