突然“7年後”の急展開…また迷走「まれ」は何を焦っている?

公開日:  更新日:

 朝ドラ「まれ」が週間平均視聴率で久々に20%台を回復したというのに、またまた迷走し始めている。

 8週ぶりに20%台を回復したのは第22週(8月24~29日)。この週は、経営するケーキ店の売り上げが落ち込む一方なのに、まれの妊娠が発覚し、無事出産……みたいな展開だった。ここまでは良かったが、23週に入って元のもくあみに戻っている。

「あれから7年」とか言って、子供たち(双子)がいきなり小学生になっていて、売り上げ不振だったケーキ屋も、メニューは何も変えてないにもかかわらず、いつの間にか地元に定着したことになっている。その一方で、まれの同級生・高志が、まれの母親・藍子に恋心を抱く仰天の展開もあったりして……。

 かつてコラムニストの桧山珠美氏が「“世界のパティシエになる”というメーンストーリーがまったく描けていない一方、周囲の登場人物のドタバタばかりがやたら目立つ」と指摘していたが、まったくその通りの状態だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る