突然“7年後”の急展開…また迷走「まれ」は何を焦っている?

公開日: 更新日:

 朝ドラ「まれ」が週間平均視聴率で久々に20%台を回復したというのに、またまた迷走し始めている。

 8週ぶりに20%台を回復したのは第22週(8月24~29日)。この週は、経営するケーキ店の売り上げが落ち込む一方なのに、まれの妊娠が発覚し、無事出産……みたいな展開だった。ここまでは良かったが、23週に入って元のもくあみに戻っている。

「あれから7年」とか言って、子供たち(双子)がいきなり小学生になっていて、売り上げ不振だったケーキ屋も、メニューは何も変えてないにもかかわらず、いつの間にか地元に定着したことになっている。その一方で、まれの同級生・高志が、まれの母親・藍子に恋心を抱く仰天の展開もあったりして……。

 かつてコラムニストの桧山珠美氏が「“世界のパティシエになる”というメーンストーリーがまったく描けていない一方、周囲の登場人物のドタバタばかりがやたら目立つ」と指摘していたが、まったくその通りの状態だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る