結婚は? 佐々木希&渡部建があえて“交際宣言”しない理由

公開日:  更新日:

 31日、「ピエトロドレッシング」新CM発表イベントに佐々木希(27)が登場した。

「ピエトロ」の創業35周年にちなみ「35歳には何をしているか」と問われると、「楽しんでいると思います」と笑い、結婚については「どうですかね。いくつまでに! というのはない。20代前半はウエディングドレスを早く着たいという願望もあったんですけど、そればかりはタイミングなので。独身でも平気ですけど、そのうち着られたらいい」と話した。

 佐々木は4月に「アンジャッシュ」渡部建(42)との熱愛が報じられたが、双方の事務所ともに関係を否定。しかし、渡部はバラエティー番組で“お約束”のように佐々木との交際をネタにされまくっている。本当の関係はどうなっているのか。

「互いにいい大人同士ということです。ただ、愛之助と藤原紀香のようにおおっぴらに交際宣言してしまうとイベントなどの仕事のたびに交際の話題に触れなくてはならないし、別れたら別れたで話題になる。だったら互いに“ノーコメント”の方が都合がいいというわけです。これならもし、実際に別れても交際宣言もしていないから傷もつかない。実は人見知りで神経質な渡部らしい恋愛スタイルです」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る