ベテラン俳優の瑳川哲朗さん 17年ぶり再演にかける意気込み

公開日:  更新日:

 団塊の世代にとっては近藤勇、少し年齢が下がると「ウルトラマンA」の竜五郎隊長に「大江戸捜査網」の井坂十蔵か。時代劇から特撮ドラマまで幅広く活躍した俳優の瑳川哲朗さん(78歳)だ。最近はテレビで見ない。今どうしているのか。

「17年ぶりに同じ役をやらせていただくんですが、もしかしたら体力、気力とも当時を上回ってるんじゃないかな。ボクが演じるダンカン王はマクベスの前に立ちはだかる大きな存在で、観客を芝居に引きずり込む重要な役どころでしてね。戦国武将らしい気迫とスケールの大きさをご覧にいれたいと意気込んでます」

 埼玉県は与野本町にある彩の国さいたま芸術劇場の稽古場で会った瑳川さん、こういって目に力を込めた。

 蜷川幸雄演出の「NINAGAWA・マクベス」はシェークスピアの「マクベス」を日本の戦国時代に置き換えたスペクタクルな舞台(7日から渋谷Bunkamuraシアターコクーンで上演)。瑳川さんの言葉にあるように、17年ぶりの再演となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る