テレビ「ご意見番」世代交代も 松本人志の発言が共感呼ぶ理由

公開日: 更新日:

 数多いる芸能界の“ご意見番”で、最近存在感を増してきているのが、ダウンタウンの松本人志(52)だ。要因は、レギュラー出演する日曜午前の情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)でのコメントがファンや視聴者の共感を呼んでいること。その発言は、放送直後からあちこちで取り上げられている。

 13日の放送では、記録的な豪雨に見舞われた茨城県・鬼怒川の堤防決壊について、被害者の精神的な苦痛をおもんばかりつつ、「ちょっと(報道の)ヘリ飛ばし過ぎじゃない? 時間決めてパッとやめないと」と苦言を呈した。続けて、「こういう時こそドローンでいいんでしょ? 接触でもしたらとんでもない二次災害」と、テレビ各局の報道が救助活動の妨げとなる可能性を指摘した松本に対し、ネットでは<この発言は正論><これは松ちゃんGJだね><最近の松ちゃんは正論だから困る>といった声が寄せられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  6. 6

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

  9. 9

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  10. 10

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る