テレビ「ご意見番」世代交代も 松本人志の発言が共感呼ぶ理由

公開日: 更新日:

 明治大学教授による司法試験問題漏えいについては、この教授が教え子である20代の女性に対して恋愛感情があったと供述したことに、「おっさんというのは悲しいかな、そういう生き物なんですよ」と持論を展開。8月30日に国会前で行われた安保法制反対デモについては、「国会に向かって言う事なのかなあという気がしている。むしろ向こう(中国)から近付いてきているわけやから、戦争は。そっち(中国)に向かって言わないと。国会に向かって言ってたってしょうがないだろうと思います」と疑問を投げかけた。

 芸能界の“ご意見番”といえば、歌手の和田アキ子(65)やタレントのテリー伊藤(65)、ビートたけし(68)などが名を連ねるが、松本の発言スタイルは独特の切り口にある。もちろん賛否あるものの、<変に専門家気取ったコメンテーターよりは、切り口もおもしろいからいい><お偉いさんの意見よりも的を得ている>といった評価が目立つのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  2. 2

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  3. 3

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  4. 4

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  5. 5

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  6. 6

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  7. 7

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

  8. 8

    天皇陛下以外が過去の戦争に反省の言葉を発しなかった理由

  9. 9

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  10. 10

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る