和田アキ子食い “新・ご意見番”泉ピン子にTV界が熱視線

公開日:  更新日:

 ワイドショーの番組スタッフが何かコトが起きると重宝してきたのが「芸能界のご意見番」こと和田アキ子(64)だ。ちなみに“ご意見番”とは、テレビ局やタレントから一目置かれ、他の事務所に所属するタレントについても遠慮なく持論を展開し、毒舌を吐ける人物のこと。ところが最近、和田の舌にキレがなくなってきたという。

「以前ならまさにズバリのコメントを的確に発してくれたんですが、最近は毒を吐かなくなったんです。円くなったというのでしょうか。イベントなどで公の場に出る回数もめっきり減っていますから……」(ワイドショー関係者)

 そんな和田に取って代わる新たなご意見番としてガ然、脚光を集めているのが芸歴50年のベテラン女優、泉ピン子(67)だ。テレビの若手スタッフから絶大な支持を受けているというのである。

「ピン子が受ける理由は潔さにある。普段から自分のことを『どうせ私はうるさいババア』とか『嫌われ者だから』と公言し、視聴者受けを狙わない。だから、誰はばかることなく思ったことを口にするんです。嫌われ者の境地と言ってもいいかもしれない」(制作プロデューサー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る