朝ドラ「あさが来た」でイヤ~な存在感 柄本佑のモデルは誰?

公開日: 更新日:

 前作「まれ」と違い、新しい朝ドラ「あさが来た」は第1週の平均視聴率が20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大台を超え、好発進しているようだ。主人公・あさのモデルが、日本初の女子大・日本女子大学校(現・日本女子大)を創設した広岡浅子であることはすでに有名な話だが、気になるのはドラマ内で表情ひとつ変えず、イヤ~な感じを出している山王寺屋の眉山惣兵衛(柄本佑)のモデル。一体誰なのか。歴史作家の加来耕三氏が言う。

「広岡浅子の姉・春(ドラマ内では、はつ)の嫁ぎ先といえば、天王寺屋五兵衛、本名・大眉光重ですね。残念ながら明治中期に断絶してしまっていますが、決して光重が無能だったわけではありません。当事の豪商は幕府から借りたカネを諸藩に貸して運用するのが仕事でしたが、江戸末期になると貸したカネは返らず、幕府からは“カネを引き揚げるゾ”と言われてしまったから、軒並み潰れるのも当然です。むしろ、光重は47歳で大阪両替10人の筆頭に任命され、初めて手形制度を創設した人としても知られる。決してただのマザコンのボンボンというわけではありません」

 もっとも、嫁いだ後のはつがどんな運命をたどるのか。ネタバレになるのでここでは伏せておく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る