「あさが来た」で頑固親父役 ヒロイン波瑠も食う升毅の存在感

公開日:  更新日:

「今度こそ、コケるんじゃないか」との声もあったNHK朝ドラ「あさが来た」が好調である。

 9月28日の初回視聴率が平均21.2%と、「あまちゃん」から続く初回20%超えを6作連続に更新したと思ったら、その後もほとんど落ちることなく、10月1日までの4日間の平均視聴率も20%超と高視聴率をキープしている。

「連ドラ史上初めての幕末から始まるドラマとあって、お茶の間の注目度は高い。ヒロインあさを演じる、『夏目雅子の再来』といわれる波瑠の本格的な登場は来週からですが、それでも見どころ満載と評判です。あさの少女時代を演じる10歳の鈴木梨央、あさの姉はつ役の12歳、守殿愛生の子役が際立っているのと、その2人の演技力を引き出している父親役のバイプレーヤー、升毅の存在が大きい。あの頑固親父は誰なんだって、ちょっとした話題になっているそうですよ」(スポーツ紙芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る