日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あさが来た」で頑固親父役 ヒロイン波瑠も食う升毅の存在感

「今度こそ、コケるんじゃないか」との声もあったNHK朝ドラ「あさが来た」が好調である。

 9月28日の初回視聴率が平均21.2%と、「あまちゃん」から続く初回20%超えを6作連続に更新したと思ったら、その後もほとんど落ちることなく、10月1日までの4日間の平均視聴率も20%超と高視聴率をキープしている。

「連ドラ史上初めての幕末から始まるドラマとあって、お茶の間の注目度は高い。ヒロインあさを演じる、『夏目雅子の再来』といわれる波瑠の本格的な登場は来週からですが、それでも見どころ満載と評判です。あさの少女時代を演じる10歳の鈴木梨央、あさの姉はつ役の12歳、守殿愛生の子役が際立っているのと、その2人の演技力を引き出している父親役のバイプレーヤー、升毅の存在が大きい。あの頑固親父は誰なんだって、ちょっとした話題になっているそうですよ」(スポーツ紙芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事