• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あさが来た」で頑固親父役 ヒロイン波瑠も食う升毅の存在感

「今度こそ、コケるんじゃないか」との声もあったNHK朝ドラ「あさが来た」が好調である。

 9月28日の初回視聴率が平均21.2%と、「あまちゃん」から続く初回20%超えを6作連続に更新したと思ったら、その後もほとんど落ちることなく、10月1日までの4日間の平均視聴率も20%超と高視聴率をキープしている。

「連ドラ史上初めての幕末から始まるドラマとあって、お茶の間の注目度は高い。ヒロインあさを演じる、『夏目雅子の再来』といわれる波瑠の本格的な登場は来週からですが、それでも見どころ満載と評判です。あさの少女時代を演じる10歳の鈴木梨央、あさの姉はつ役の12歳、守殿愛生の子役が際立っているのと、その2人の演技力を引き出している父親役のバイプレーヤー、升毅の存在が大きい。あの頑固親父は誰なんだって、ちょっとした話題になっているそうですよ」(スポーツ紙芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る