すずきじゅんいち監督が語る 故・神代辰巳監督の圧倒的異才

公開日:  更新日:

 日活ロマンポルノで監督デビュー、フリーに転向してからは映画「マリリンに逢いたい」などのヒット映画で知られる、すずきじゅんいち監督(63)。監督人生に大きく影響を与えたのは今は亡き、神代辰巳監督(享年67)だ。

■ワンカット、ワンカットが発見の連続

「日活に入ったのは神代監督がきっかけです。東大2年の時、神代監督の『一条さゆり・濡れた欲情』を見てあまりに面白いんでびっくりして。もともと監督になりたいという願望はあったから、日活が助監督を募集するって聞きつけて応募。入社した時は『東大の倫理学科出たやつが助監督になった。そのギャップが面白い』とテレビの深夜番組に出たり、新聞の取材もずいぶん受けました。その時が一番売れていた時ですね(笑い)」

 初助監督作は曽根中生監督「続・レスビアンの世界―愛撫―」(1975年公開)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る