碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

骨太な物語、絶妙な配役と演出…「下町ロケット」の黄金三角

公開日:  更新日:

【連載コラム「TV見るべきものは!!」】

 今期ドラマの真打ち登場である。TBS系日曜劇場で放送中の「下町ロケット」、原作は池井戸潤の直木賞受賞作。脚本・八津弘幸、プロデューサー・伊與田英徳、演出・福澤克雄の「チーム半沢」が、期待通りの仕事を披露している。

 主人公はロケット開発の研究員だった佃(阿部寛、堂々の座長芝居)。打ち上げ失敗の責任をとって退職したのが7年前だ。今は父が残した町工場の社長を務めているが、突然の危機に襲われる。大手取引先から取引中止を言い渡され、ライバルのナカシマ工業から特許侵害で訴訟を起こされ、さらに巨大企業である帝国重工が特許の売り渡しを迫ってきたのだ。その上、社内には夢を追い続ける社長への不満もくすぶっている。佃はこの内憂外患をどう乗り切るのか。

 まず、この骨太な物語を、予算も手間もかけてきっちり映像化していることに拍手だ。種子島でのロケット打ち上げから、画面が社員で埋め尽くされた大企業のセレモニーまで、何の手抜きもない。次にニヤリとさせられる絶妙なキャストだ。佃製作所の経理部長に立川談春。ナカシマ工業の顧問弁護士が池畑慎之介。そして佃側の弁護士は恵俊彰(好演)。しかも聞き覚えのある、朗々たるナレーションは元NHKの松平定知だ。

 その時、歴史だけでなく下町も動く。ストーリー、役者、演出のゴールデントライアングルで、大人が見るべき一本になった。
(上智大学教授・碓井広義=メディア論)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る