主演ドラマが苦戦…篠原涼子はプライベートの充実がアダに

公開日: 更新日:

 篠原涼子(42)がアラフォーの独身キャリアウーマンを演じる主演ドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)が苦戦中だ。

 初回の視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)といきなりつまずき、以後、9.2%、7.2%、9.0%と他局のドラマと比較しても“下位集団”入りしてしまった。

「軒並み視聴率が低迷するフジとしてはかなり力が入ったドラマ。ところが、思わぬ低視聴率に、亀山千広社長が定例会見で思わず『涼子ちゃんがあまりに美しすぎるので、イタくないんですよね。テレビが難しいのは、役者さんとかでも、私生活が出ちゃうところ』と不満を漏らしたほど。確かに、今の篠原がアラフォーの独身女子を演じても、誰も共感しないでしょう」(芸能リポーター)

 篠原は05年に俳優の市村正親と結婚し、その後2児のママに。結婚後、映画化もされた「アンフェア」シリーズ、「ハケンの品格」「ラストシンデレラ」などで“強い女”を熱演し、女性から圧倒的な支持を得た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. 6

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  7. 7

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る