主演ドラマが苦戦…篠原涼子はプライベートの充実がアダに

公開日:  更新日:

 篠原涼子(42)がアラフォーの独身キャリアウーマンを演じる主演ドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)が苦戦中だ。

 初回の視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)といきなりつまずき、以後、9.2%、7.2%、9.0%と他局のドラマと比較しても“下位集団”入りしてしまった。

「軒並み視聴率が低迷するフジとしてはかなり力が入ったドラマ。ところが、思わぬ低視聴率に、亀山千広社長が定例会見で思わず『涼子ちゃんがあまりに美しすぎるので、イタくないんですよね。テレビが難しいのは、役者さんとかでも、私生活が出ちゃうところ』と不満を漏らしたほど。確かに、今の篠原がアラフォーの独身女子を演じても、誰も共感しないでしょう」(芸能リポーター)

 篠原は05年に俳優の市村正親と結婚し、その後2児のママに。結婚後、映画化もされた「アンフェア」シリーズ、「ハケンの品格」「ラストシンデレラ」などで“強い女”を熱演し、女性から圧倒的な支持を得た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る