昨年の勢いどこへ? 斎藤工「大ブレークと急失速」のカラクリ

公開日: 更新日:

 昨年のこの時期の勢いがウソのように失速しているのが俳優の斎藤工(34)だ。

 昨年は7月クールに放送されたフジテレビ系の連ドラ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で主演の上戸彩の不倫相手を演じ一気に大ブレーク。上戸とのベッドシーンの印象が強烈で、おまけに躊躇せずに脱いで肉体美を披露するため、いつの間にか“セクシー俳優”の称号まで獲得したほどだ。

 同ドラマ出演後はCMのオファーが殺到したが、実はブレークの背景にはあるからくりが存在するという。

「斎藤が所属する事務所は小規模ですが、大手芸能プロの幹部が斎藤の素質に惚れ込み、業務提携を結んでこれでもかというぐらい猛プッシュ。その結果、大ブレークにつながったのです」(芸能プロ関係者)

 とはいえ、その勢いも徐々に昨年末から衰えを見せ、「11月から放送されたNHKの主演ドラマ『ダークスーツ』は最終回の視聴率が2・8%で全話中、最低を記録。満を持して臨んだ今年4月クールの連ドラ初主演作『医師たちの恋愛事情』(フジ系)も平均視聴率は1ケタに低迷しました」(芸能ライター)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る