昨年の勢いどこへ? 斎藤工「大ブレークと急失速」のカラクリ

公開日: 更新日:

 昨年のこの時期の勢いがウソのように失速しているのが俳優の斎藤工(34)だ。

 昨年は7月クールに放送されたフジテレビ系の連ドラ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で主演の上戸彩の不倫相手を演じ一気に大ブレーク。上戸とのベッドシーンの印象が強烈で、おまけに躊躇せずに脱いで肉体美を披露するため、いつの間にか“セクシー俳優”の称号まで獲得したほどだ。

 同ドラマ出演後はCMのオファーが殺到したが、実はブレークの背景にはあるからくりが存在するという。

「斎藤が所属する事務所は小規模ですが、大手芸能プロの幹部が斎藤の素質に惚れ込み、業務提携を結んでこれでもかというぐらい猛プッシュ。その結果、大ブレークにつながったのです」(芸能プロ関係者)

 とはいえ、その勢いも徐々に昨年末から衰えを見せ、「11月から放送されたNHKの主演ドラマ『ダークスーツ』は最終回の視聴率が2・8%で全話中、最低を記録。満を持して臨んだ今年4月クールの連ドラ初主演作『医師たちの恋愛事情』(フジ系)も平均視聴率は1ケタに低迷しました」(芸能ライター)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る