昨年の勢いどこへ? 斎藤工「大ブレークと急失速」のカラクリ

公開日:  更新日:

 昨年のこの時期の勢いがウソのように失速しているのが俳優の斎藤工(34)だ。

 昨年は7月クールに放送されたフジテレビ系の連ドラ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で主演の上戸彩の不倫相手を演じ一気に大ブレーク。上戸とのベッドシーンの印象が強烈で、おまけに躊躇せずに脱いで肉体美を披露するため、いつの間にか“セクシー俳優”の称号まで獲得したほどだ。

 同ドラマ出演後はCMのオファーが殺到したが、実はブレークの背景にはあるからくりが存在するという。

「斎藤が所属する事務所は小規模ですが、大手芸能プロの幹部が斎藤の素質に惚れ込み、業務提携を結んでこれでもかというぐらい猛プッシュ。その結果、大ブレークにつながったのです」(芸能プロ関係者)

 とはいえ、その勢いも徐々に昨年末から衰えを見せ、「11月から放送されたNHKの主演ドラマ『ダークスーツ』は最終回の視聴率が2・8%で全話中、最低を記録。満を持して臨んだ今年4月クールの連ドラ初主演作『医師たちの恋愛事情』(フジ系)も平均視聴率は1ケタに低迷しました」(芸能ライター)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る