交際質問にOKサイン 藤原紀香が愛之助と“順調アピール”

公開日:  更新日:

 12日、「ココ・カラ。和歌山 in 銀座三越」オープニングイベントに登場した藤原紀香(44)。和歌山県に両親の実家がある藤原は、「紀の川市フルーツ大使」を務めている。

「食べるものは全部、自分の内側から作ってくれる。心も体もお肌もキレイになる和歌山の食材を使って、家族を健康にして自分もきれいになりましょう。私も頑張ります!」と話した。

「家族」の中には当然、交際中の歌舞伎俳優・片岡愛之助(43)も含まれているのだろう。結婚秒読みとも報じられている2人。この日、報道陣から「順調ですか?」と質問が飛ぶと、手でOKマークを作って「はい」と笑顔でうなずいて会場を後にした。

 11日に大阪でトークイベントを行った愛之助も、報道陣の取材に「順調ですよ~。順調って書いといてや~」と笑顔を見せていた。キレイに揃った「順調アピール」が不気味なのは気のせいか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る