近隣住民「いつも一人」と…“突然死”阿藤快さんの孤独な晩年

公開日:  更新日:

 茶の間で人気の個性派俳優も“孤独”にさいなまれていたのだろうか。16日、東京・新宿区の自宅マンションで亡くなっていたことがわかった阿藤快さん(享年69)。関係者によると死因は大動脈破裂胸腔内出血で、苦しむことなくあっという間にあの世へ旅立ったという。

 日刊ゲンダイの記者が東京・新宿区内にある自宅付近を歩くと、晩年の暮らしがおぼろげながら見えてきた。近隣住民はこう話す。

「阿藤さんは1年ほど前に取り壊されたゴルフ練習場に、一人でジャージー姿で通っていました。当時、練習場の向かいにあった老舗の弁当屋で、よく食事を買って帰っていましたよ。外に出かける時はいつも一人。何人かで連れ立って歩いているのは見たことがありませんね」

 阿藤さんには妻と息子がいるが、家賃20万円台のタワーマンションに一人暮らし。08年の竣工当時から住んでいたようで、“第一発見者”は妻子とは別の人間だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る