年3000人超が都内で孤独死 「遺品整理業者」の選び方

公開日: 更新日:

<広い住宅なら15人を派遣>

 誰にもみとられず、ひとり亡くなる「孤独死」。その数が増えるに従い、遺族に代わって遺品の整理や処分を行う業者も多くなった。しかし、業者の中には部屋に残された現金をネコババしたり、勝手に遺品をリサイクルショップに売り払い、余った家財を山野に不法投棄するものもいるという。どうしたら信頼できる業者を選べるのか? そもそも、いくらでどんなことをやってくれるのか?

 急速に進む高齢化社会の中で、「孤独死」が大きな問題になっている。

 東京都監察医務院によると、「東京23区内における孤立死(孤独死)」は、男女合わせて約3000人強(2006年)。

 NHKが全国の自治体を調査した結果でも、孤独死は3万2000人(2008年)にのぼっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る