• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元気の秘訣は「肉食」 瀬戸内寂聴“93歳”でも衰えぬ執筆意欲

「想像していたものより立派な万年筆でびっくり致しました。とても仕事ができそうです」

 副賞であるパーカーのデュオフォールド センテニアル万年筆(10万8000円)を受け取り、にこやかに喜びを語ったのは僧侶で作家の瀬戸内寂聴先生(93)。「第12回万年筆ベストコーディネイト賞2015」が24日に行われ、“万年筆が最も似合う著名人”のひとりとして選ばれたのだ。

 1957年に文壇デビューして以来、万年筆で原稿を書き、数々の話題作を世に送り出し続ける女流作家である。“万年筆クイーン”の称号は今回が初とは意外だが、この日は寂聴先生の元気な姿をひと目見たさに多くの関係者や報道陣が集まった。

 昨年5月の背骨の圧迫骨折に続き、同9月には胆のうがんの摘出手術を受け、今年4月に11カ月ぶりの法話を行ったばかり。齢(よわい)90を越えての手術ともなれば、体への負担が尋常でないのは想像に難くない。が、“寂聴節”は健在で「万年筆を使うと発想がパッと変わる。わたくしの場合は手を使うことが大事。皆さんもラブレターを書く時に鉛筆で軽く書かないでしょ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事