川島さん暴露で大ヒンシュク 松居一代が会見を延期したワケ

公開日:  更新日:

 会見のリリースには「緊急会見」という物々しい文字が躍ったが、フタを開ければ単なる出版発表会だった。

 7日、著書「松居一代の開運生活」出版記念会見を開いた松居一代(58)。何事かと集まった報道陣からはブーイングが漏れる中、夫・船越英一郎(55)が先月24日に肝内胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)と過去に交際していたというウワサについて聞かれると、「動揺しました。でも、私はこれまで全てお話しして生きてまいりました。その質問にも答えたい。結婚して3年目、川島さんと船越が“人生のひととき”を歩んでいたということを知りました」と衝撃の事実を告白。

「主人にお見舞いに行った方が良いのではと2回ぐらい言いましたが、時間がないまま天国へ召されてしまった。訃報を聞いて、いつもは白ワインを飲みますが、川島さんのことを思って2人で赤ワインで献杯しました。主人は『川島さんは一度も人の悪口を言わなかった』『すごくステキな人だった』と言っていました」と夫の“元カノ”について語ったのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る