柏木由紀に再び“手越爆弾” 10周年も騒がしいAKB周辺

公開日: 更新日:

 今月8日、グループ発足から10周年を迎えたAKB48。東京・秋葉原のAKB48劇場で特別公演を行ったほか、6日には都内高級ホテルでの10周年記念イベントなど華々しいイベントが立て続けに開かれているが、そんな祝福ムードに水を差す“マイナス情報”が今週、相次いで噴出した。

 AKBにとって頭が痛いのが、発売中の週刊文春(12月17日号)が報じている、柏木由紀(24)とジャニーズ手越祐也(28)の“続報”だろう。2人の箱根旅行と浴衣抱擁写真が今年6月に大きな話題になったのは記憶に新しいが、今回新たに、先月行われた手越の誕生日パーティーに柏木が音声メッセージを携帯電話で送信していたことを報じている。

 手越スキャンダルではAKBの「恋愛禁止」の掟を破ったものの、“おとがめナシ”に終わっていた柏木。しかし、新たな報道を受けて、ネット上では「ゆきりんまたかよ……」と、力ない反応が広がっている。

 さらに<AKBの中に“スパイ”がいた>という怪情報も飛び出している。9日に一部メディアが報じたのは、メンバーの中にマスコミへの協力者がいたというニュース。やり玉に挙げられているのは、AKBからの卒業を7日に発表したばかりの永尾まりや(21=卒業時期は未定)。メンバーのスキャンダル情報をマスコミ関係者に流していたと報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず