興収30億円確実視…正月映画の本命は「007 スペクター」

公開日: 更新日:

 正月映画が続々と公開されている。大本命は12月18日公開の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」だが、「007 スペクター」が絶好調。平日でも、多くの劇場で盛り上がっている。

 8日には早くも興収10億円を突破。30億円突破が確実視されている。観客は、往年のファンの年配者に加え、30代、40代のカップルも目立つ。「007」という看板は大きいが、それだけで大ヒットするほど、興行は甘くはない。前作の「スカイフォール」から監督がサム・メンデスに代わったことも大いに影響ありで、映画の出来栄えがなかなかいいのだ。

 アカデミー賞作品賞を受賞した「アメリカン・ビューティー」の監督。冒頭からメキシコの古びた建物の上を疾走するボンドが格好いい。演じるダニエル・クレイグは以降も見せるスーツ姿の着こなしが天下一品なのだ。バランスのとれた筋肉質の肉体に包まれたスーツ姿に、女たちは当然ながらいちころとなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  8. 8

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  9. 9

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  10. 10

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

もっと見る