• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

興収30億円確実視…正月映画の本命は「007 スペクター」

 正月映画が続々と公開されている。大本命は12月18日公開の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」だが、「007 スペクター」が絶好調。平日でも、多くの劇場で盛り上がっている。

 8日には早くも興収10億円を突破。30億円突破が確実視されている。観客は、往年のファンの年配者に加え、30代、40代のカップルも目立つ。「007」という看板は大きいが、それだけで大ヒットするほど、興行は甘くはない。前作の「スカイフォール」から監督がサム・メンデスに代わったことも大いに影響ありで、映画の出来栄えがなかなかいいのだ。

 アカデミー賞作品賞を受賞した「アメリカン・ビューティー」の監督。冒頭からメキシコの古びた建物の上を疾走するボンドが格好いい。演じるダニエル・クレイグは以降も見せるスーツ姿の着こなしが天下一品なのだ。バランスのとれた筋肉質の肉体に包まれたスーツ姿に、女たちは当然ながらいちころとなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る