1週間で興収8億円超「007 スペクター」の圧倒的勝因

公開日: 更新日:

 スパイアクションの金字塔「007」が好調な滑り出しだ。

 4日に公開初日を迎えたシリーズ24作目の最新作「007 スペクター」(サム・メンデス監督)。累計興行収入はすでに8億5000万円(11月末の先行上映3日間を含む)を突破しており、「前作『スカイフォール』の最終興収27・5億円を超え、30億円超えも確実な好調な出だしといえるでしょう」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

 実際、TOHOシネマズ日本橋の劇場(290席)は日曜夜8時過ぎの上映回にしてほぼ満席状態。若年から中高年のカップルをはじめ、男女の一人客も多数見られ、あらゆる客層が足を運んでいた。

 事前の宣伝活動に余念がなかったとはいえ、これだけ支持される理由は何か。映画批評家の前田有一氏は、「バランス感覚の良いつくり」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る