主演映画が大絶賛 オダギリジョーが払拭した屈辱のレッテル

公開日: 更新日:

 あらゆる逆境に耐えてきた“崖っぷち”俳優・オダギリジョー(39)にとって起死回生の一作になるかもしれない。

 日仏合作の主演映画「FOUJITA」(11月14日公開)での演技が関係者の間で大絶賛されているのだ。

 同作は仏パリで活躍した日本人画家・藤田嗣治の壮絶な半生を描き、開催中の第28回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作。日仏合作でカンヌ、ベルリン、モントリオールといった国際映画祭で複数の受賞歴を誇る名匠・小栗康平監督(69)が10年ぶりにメガホンを取ったことでも話題だが、昨26日に行われた記者会見&舞台挨拶はオダジョーの独壇場。フジタの5番目の妻を演じた中谷美紀(39)は「生き写しに見えた」などと芝居を褒めちぎっていた。

 当の本人は小栗組に参加できた喜びを語る一方で、正直すぎる発言を連発。自分が演じた藤田嗣治に対し「いまだに興味がない」と言ったり、フランス語のセリフも「丸覚えしたから、意味さえ分かっていない単語もある」と明かしたり……。おまけに役づくりは「監督に丸投げだった」とぶっちゃけると、今度は小栗監督が「フランス語の習得法にも通じるが、彼は分析的な芝居はしない。体全体で感覚的にフジタの佇まいを表現していた。そういう難しいことをやってのける数少ない役者です」と話すなど、主演俳優への信頼の高さをうかがわせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る