主演映画が大絶賛 オダギリジョーが払拭した屈辱のレッテル

公開日:  更新日:

 あらゆる逆境に耐えてきた“崖っぷち”俳優・オダギリジョー(39)にとって起死回生の一作になるかもしれない。

 日仏合作の主演映画「FOUJITA」(11月14日公開)での演技が関係者の間で大絶賛されているのだ。

 同作は仏パリで活躍した日本人画家・藤田嗣治の壮絶な半生を描き、開催中の第28回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作。日仏合作でカンヌ、ベルリン、モントリオールといった国際映画祭で複数の受賞歴を誇る名匠・小栗康平監督(69)が10年ぶりにメガホンを取ったことでも話題だが、昨26日に行われた記者会見&舞台挨拶はオダジョーの独壇場。フジタの5番目の妻を演じた中谷美紀(39)は「生き写しに見えた」などと芝居を褒めちぎっていた。

 当の本人は小栗組に参加できた喜びを語る一方で、正直すぎる発言を連発。自分が演じた藤田嗣治に対し「いまだに興味がない」と言ったり、フランス語のセリフも「丸覚えしたから、意味さえ分かっていない単語もある」と明かしたり……。おまけに役づくりは「監督に丸投げだった」とぶっちゃけると、今度は小栗監督が「フランス語の習得法にも通じるが、彼は分析的な芝居はしない。体全体で感覚的にフジタの佇まいを表現していた。そういう難しいことをやってのける数少ない役者です」と話すなど、主演俳優への信頼の高さをうかがわせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る