園山真希絵「逆風の3年前」に受けた鶴太郎の“愛のムチ”

公開日:  更新日:

 独特の感性と人生をテーマにした料理を作り上げる料理研究家・園山真希絵さん(37)。東京・恵比寿で完全紹介制の隠れ家レストランを経営する一方、料理番組はもちろん雑誌、新聞、料理イベントにも引っ張りだこ。そんな園山さんの心の支えとなっている人は――。

■普段はひょうきんなのに筆を手にすると別人

 一言で言うなら「精神的な師匠」。それが片岡鶴太郎さん(60=俳優、画家)ですね。

 初めてお会いしたのは9年ほど前。テレビ番組の収録か、もしくはオープンして間がなかった私が手掛けた最初の店「家庭料理割烹 園山」にご来店いただいたのかもしれません。

 お話しすると意外や意外、私との共通点が多かったんです。例えば「シメサバが好物」「和菓子は粒あんが好き」といった嗜好や、「毎日の食事は旬の野菜や豆類、乾物が中心」とか。そして「かつてウエートがあったが、一念発起して体をシェイプアップさせた」「仕事内容をガラリと変えた」という過去……。つい話が弾みました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る