「真田丸」武田勝頼役を好演 平岳大の知られざる挫折秘話

公開日: 更新日:

 改めて俳優を志したときには、すでに27歳。両親の17年ぶりの共演作となった舞台「鹿鳴館」の息子役でデビューした。

「母親は猛反対。だが、息子の意志の強さと熱心さに折れて、認めた」(芸能ライター)

 才能と実力は折り紙付き、高学歴、元エリート会社員としての常識も持つ知性派。旅ものから語学番組、ナレーションまで器用な面を見せる。

 あとは一日も早く孫の顔をみせることだが、浮いた噂はなし。四十路を越え結婚も子供も熱望してはいるが、それ以上に2匹の愛猫に首ったけ。ベランダで植物を手塩にかけて育てる癒やしも捨てられない。11年続ける趣味のフラメンコは、作・演出を担当、公演するまでになった。すべて芸の肥やしとして昇華する貪欲さが結婚を遠ざけているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る