日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「真田丸」武田勝頼役を好演 平岳大の知られざる挫折秘話

 俳優・平岳大(41)がNHK大河ドラマ「真田丸」で主役・堺雅人がかすむ名演技を見せた。演じたのは、武田家当主を継いだ信玄の息子、武田勝頼役。偉大な父親を超えられない息子の苦悩ぶりが注目の的に。重臣に次々裏切られてもなお淡々と運命を受け入れ、凛として生きる姿が「泣ける」と絶賛された。

「初回視聴率19.9%と大健闘。脚本の三谷幸喜氏は、三谷組の演技派重鎮の平を大いに買っており、自作に頻繁に出演させている。自分から率先して別れの挨拶をし、真田昌幸一門の人質を免じる証文を持たせるなど、義理堅い、いい人キャラをふって大当たりした。17日放送の第2回は、勝頼の自害シーンが目玉だった。183センチの長身、イチローと同じトレーニングで鍛えた細マッチョな筋肉美をさらして、女性ファンの感涙を誘った。カッコよすぎる平見たさに、平の公式ツイッターのフォロワー数が急上昇する人気ぶりだ」(テレビ雑誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事