7人の影武者いた? 人気歴史家が明かす“真田幸村生存説”

公開日: 更新日:

〈花の様なる秀頼様を 鬼のやう成る真田が連れて 退きものいたよ加護島へ〉

 鬼みたいな体格の真田幸村が花のように美しい豊臣秀頼を連れ、鹿児島に脱出した逸話を伝える京童歌だ。鹿児島以外にも、幸村の生存説は伊勢(三重)や紀伊(和歌山)にも残っている。なぜ、各地に生存説が残っているのか。

「真田幸村と真田丸の真実」(光文社新書)の著者で歴史家の渡邊大門氏に聞いた。
「俗説が再生産されるのは、信繁(幸村)が人々にとってヒーローだったからであり、『捲土重来して家康を討って欲しい』という願望が秘められていたからかもしれません。源義経がチンギスハンになって中国大陸を支配したという、現在は完全否定されている荒唐無稽な説がありますが、それと似ています」

 どうして鹿児島や和歌山だったのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る