俳優・長谷川初範が語る貧乏時代「4畳半に倒産した父が」

公開日:  更新日:

 洗練されたルックスとダンディーな雰囲気が魅力の長谷川初範さん(60)。60歳になった今もドラマや映画、舞台で活躍中。意外にも、若い頃は食うや食わずだった。

■映画や演劇を見た時は夕食抜きになり命がけ

 一番おカネがなかったのは東京に出てきてまもなくの頃。生まれは北海道の紋別で、家は長谷川商店っていうお店を営んでいました。当時の紋別は、金は出るしニシンや鮭は取れるしで活気にあふれ、父親が営む「マート〆一」は道東でナンバーワンの売り上げを誇るほど繁盛していました。ところが、高校生の頃から経営状態が悪くなった。

 なのに、ロータリークラブの交換留学生として、高校時代に1年間米国留学して以来、日本の理解を広める映画を作りたいと思うようになって、卒業後は南カリフォルニア大学の映画科へ留学したいと思っていた。でも、1ドル=360円の時代で、家が傾き、「留学したい」といえるような状況ではなくなった。そこで20歳で上京、今村昌平監督が作った横浜放送映画専門学院(現日本映画大学)に入学し、演出家から俳優へ志望も変えました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る