俳優・長谷川初範が語る貧乏時代「4畳半に倒産した父が」

公開日: 更新日:

 洗練されたルックスとダンディーな雰囲気が魅力の長谷川初範さん(60)。60歳になった今もドラマや映画、舞台で活躍中。意外にも、若い頃は食うや食わずだった。

■映画や演劇を見た時は夕食抜きになり命がけ

 一番おカネがなかったのは東京に出てきてまもなくの頃。生まれは北海道の紋別で、家は長谷川商店っていうお店を営んでいました。当時の紋別は、金は出るしニシンや鮭は取れるしで活気にあふれ、父親が営む「マート〆一」は道東でナンバーワンの売り上げを誇るほど繁盛していました。ところが、高校生の頃から経営状態が悪くなった。

 なのに、ロータリークラブの交換留学生として、高校時代に1年間米国留学して以来、日本の理解を広める映画を作りたいと思うようになって、卒業後は南カリフォルニア大学の映画科へ留学したいと思っていた。でも、1ドル=360円の時代で、家が傾き、「留学したい」といえるような状況ではなくなった。そこで20歳で上京、今村昌平監督が作った横浜放送映画専門学院(現日本映画大学)に入学し、演出家から俳優へ志望も変えました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る