貧乏が原因で両親離婚 元“AV帝王”村西とおる語る少年時代

公開日:  更新日:

「帝王」と称され、アダルトビデオ界を席巻した村西とおる監督(67)。少年時代の貧乏をバネに巨万の富を築いたが、思わぬ落とし穴が待っていた――。

 一時は借金50億円を抱え、しかも前科7犯。山あり谷あり谷底ありの人生を歩んできました。元はといえば、貧乏が出発点。前科のうち1犯は米国でのものですが、これも子どものころの体験が影響しているんです。

 生まれ育った福島県いわき市では、幼いころ駅前に行くといつも進駐軍のジープやトラックが止まっていました。米兵が車から姿を現すと、子どもたちが群がってくる。ある時、米兵がおもむろにミカンを取り出し、これ見よがしに皮をむき始めた。そしてその皮をポイッと投げ捨てると、子どもたちで取り合いです。その中に私もいたんです。

 この時の光景がいつまでも心のどこかに引っかかっていて、1986年暮れに踏み切ったのが米国でのスカイファックの撮影。ハワイ上空でセスナ機2機を飛ばし、まるで真珠湾に突っ込んでいくような気持ちで、機内で行為に及んだんです。ロケ中に逮捕された私に突き付けられた求刑はなんと懲役370年。さすがに半年後に日本に帰されましたが、向こうの弁護士にカネを随分ふんだくられました。ともかく30年越しの“ミカンの怨念”を少しは晴らせたと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る