貧乏が原因で両親離婚 元“AV帝王”村西とおる語る少年時代

公開日:  更新日:

「帝王」と称され、アダルトビデオ界を席巻した村西とおる監督(67)。少年時代の貧乏をバネに巨万の富を築いたが、思わぬ落とし穴が待っていた――。

 一時は借金50億円を抱え、しかも前科7犯。山あり谷あり谷底ありの人生を歩んできました。元はといえば、貧乏が出発点。前科のうち1犯は米国でのものですが、これも子どものころの体験が影響しているんです。

 生まれ育った福島県いわき市では、幼いころ駅前に行くといつも進駐軍のジープやトラックが止まっていました。米兵が車から姿を現すと、子どもたちが群がってくる。ある時、米兵がおもむろにミカンを取り出し、これ見よがしに皮をむき始めた。そしてその皮をポイッと投げ捨てると、子どもたちで取り合いです。その中に私もいたんです。

 この時の光景がいつまでも心のどこかに引っかかっていて、1986年暮れに踏み切ったのが米国でのスカイファックの撮影。ハワイ上空でセスナ機2機を飛ばし、まるで真珠湾に突っ込んでいくような気持ちで、機内で行為に及んだんです。ロケ中に逮捕された私に突き付けられた求刑はなんと懲役370年。さすがに半年後に日本に帰されましたが、向こうの弁護士にカネを随分ふんだくられました。ともかく30年越しの“ミカンの怨念”を少しは晴らせたと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る