メッセ黒田は浮気…バツ2も懲りぬ国生さゆりの男を見る目

公開日: 更新日:

 国生さゆり(49)が交際中だったメッセンジャーの黒田有(46)と別れたというので話題になっている。11日のスポニチによると、黒田が一般女性と浮気していたことが発覚し、国生の方から三くだり半を突き付けたのだという。

■前夫は詐欺で逮捕

 しかし、この報道に驚く関係者は皆無だ。“交際”の中身といえば、東京(国生)、大阪(黒田)の遠距離恋愛だし、そもそも国生は「結婚に向かないオンナ」と、芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「最初の結婚は中学校の同級生で、3年で離婚したと思ったら、1年後にはヨリを戻して同棲開始。しかし、それも4年後には解消しています。2度目の結婚も1年で離婚に至っている。その相手というのがとんでもないヤツで、当初はコンサルタント会社経営という触れ込みでしたが、ほとんど実態はナシ。実際、国生との離婚後、詐欺で逮捕されている。“生活”とか“子育て”とかはまったく頭にないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    コロナ拡大は安倍政権の人災 国立感染研大リストラの大罪

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る