懐かしヒット曲も 小室哲哉“パチンコ台”デビューの切実事情

公開日: 更新日:

 ここ数日、全国各地のパチンコホールで続々とデビューを飾っているパチンコ機種が「CR PROJECT TK」だ。

 TKとはかつて日本の音楽界を席巻した音楽プロデューサーの小室哲哉(57)。同機種では小室がメンバーのバンド「TM Network」、小室がプロデューサーをつとめた「TRF」、鈴木亜美、闘病中の妻・KEIKOがボーカルをつとめた「globe」、楽曲を提供したダンス&ボーカルグループ「AAA」が実写とアニメで登場。

 リーチ時にはTMの「Get Wild」、TRFの「寒い夜だから」、globeの「DEPARTURES」などがかかって大盛り上がり。なぜか、このところさっぱり名前を聞かない鈴木はレアキャラとして登場している。

「小室は06年に巨額の詐欺事件で逮捕され、翌年執行猶予付きの判決を受けた。その際、被害者男性への弁済金はエイベックスの社長が個人的に肩代わり。また、それ以前に、エイベックスから前借りしていたプロデュース料、前妻への慰謝料など、まだ億単位の借金を抱えるが、さっぱりヒット曲には恵まれていない。さらには、闘病中の妻の医療費もかさみ、当たれば一獲千金が狙えるパチンコ市場に本格参戦したともっぱらです。ただ、もはや“過去の人”なので機種は話題になっていません」(音楽関係者)

 昨年秋、東京都の業界団体「東京都遊技業協同組合」(都遊協)の決定で、都内ではいわゆる「等価交換」の店が消滅。「都内のホールの集客は苦戦気味」(パチンコライター)というが、小室の機種は全国のホールを席巻できるだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る