• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

スキャンダルも利用…狩野英孝はお笑いタレントの典型例

 今は「お笑いタレント」としてひとくくりにしている感があるが、芸人とタレントは本来、似て非なる者。違うはずである。芸人は伝統芸である落語、漫談を志し、昔は徒弟制度の下、師匠から芸を教わった。明石家さんまもしかり。弟子として鍛えられた下地があって今がある。

 時代は移り、芸人の宝庫「吉本」は養成学校で芸を学ぶ。女性問題でお騒がせの狩野英孝に芸という下地はない。狩野は俳優志望だったが、まったく芽が出ずタレントに転向。売るための手段としてホスト風のキャラクターをつくり、そこに「ツケメン・イケメン」というキャッチを加えて人気を得た。典型的なお笑いタレントに属する。

 音楽番組の衰退に代わって生まれたバラエティー番組。テレビ界と芸能界は需要と供給のバランス。必要なタレントを供給するために、キャラ優先でタレントを送り込む傾向にあった。結果、生まれたのが「一発屋」と呼ばれる人たちである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る