二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

スキャンダルも利用…狩野英孝はお笑いタレントの典型例

公開日:  更新日:

 今は「お笑いタレント」としてひとくくりにしている感があるが、芸人とタレントは本来、似て非なる者。違うはずである。芸人は伝統芸である落語、漫談を志し、昔は徒弟制度の下、師匠から芸を教わった。明石家さんまもしかり。弟子として鍛えられた下地があって今がある。

 時代は移り、芸人の宝庫「吉本」は養成学校で芸を学ぶ。女性問題でお騒がせの狩野英孝に芸という下地はない。狩野は俳優志望だったが、まったく芽が出ずタレントに転向。売るための手段としてホスト風のキャラクターをつくり、そこに「ツケメン・イケメン」というキャッチを加えて人気を得た。典型的なお笑いタレントに属する。

 音楽番組の衰退に代わって生まれたバラエティー番組。テレビ界と芸能界は需要と供給のバランス。必要なタレントを供給するために、キャラ優先でタレントを送り込む傾向にあった。結果、生まれたのが「一発屋」と呼ばれる人たちである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る