ananでお色気再び…斎藤工の原点回帰に“激似俳優”の存在

公開日: 更新日:

 2011年に放送された斎藤工(34)主演の医療ドラマ「最上の命医」(テレビ東京系)が10日、スペシャル版「最上の命医2016」として復活する。番組HPに届き続ける続編待望の声から実現に至ったという。

 その斎藤が発売中の「anan」でAKB48の小嶋陽菜(27)と共に表紙を飾り、女性ファンの間で話題沸騰中だ。ホテルでの密会をテーマにした巻頭グラビアは、18ページにわたり“熱愛流出”を思わせるスナップ風の写真を掲載。

 過去に同誌で披露した大胆な露出こそないものの、小嶋との熱い抱擁やギリギリまで顔を近づけた密着ショットが艶めかしい。斎藤の代名詞ともいえる男の色気を惜しげもなく披露している。

 このセクシーグラビアには「あの俳優への対抗心もあるのでは?」(芸能関係者)といった指摘もある。NHK朝ドラ「あさがきた」の"五代さま"役で女性たちの心を鷲づかみにしたディーン・フジオカ(35)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る