ananでお色気再び…斎藤工の原点回帰に“激似俳優”の存在

公開日: 更新日:

 2011年に放送された斎藤工(34)主演の医療ドラマ「最上の命医」(テレビ東京系)が10日、スペシャル版「最上の命医2016」として復活する。番組HPに届き続ける続編待望の声から実現に至ったという。

 その斎藤が発売中の「anan」でAKB48の小嶋陽菜(27)と共に表紙を飾り、女性ファンの間で話題沸騰中だ。ホテルでの密会をテーマにした巻頭グラビアは、18ページにわたり“熱愛流出”を思わせるスナップ風の写真を掲載。

 過去に同誌で披露した大胆な露出こそないものの、小嶋との熱い抱擁やギリギリまで顔を近づけた密着ショットが艶めかしい。斎藤の代名詞ともいえる男の色気を惜しげもなく披露している。

 このセクシーグラビアには「あの俳優への対抗心もあるのでは?」(芸能関係者)といった指摘もある。NHK朝ドラ「あさがきた」の"五代さま"役で女性たちの心を鷲づかみにしたディーン・フジオカ(35)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る