ananでお色気再び…斎藤工の原点回帰に“激似俳優”の存在

公開日:  更新日:

 2011年に放送された斎藤工(34)主演の医療ドラマ「最上の命医」(テレビ東京系)が10日、スペシャル版「最上の命医2016」として復活する。番組HPに届き続ける続編待望の声から実現に至ったという。

 その斎藤が発売中の「anan」でAKB48の小嶋陽菜(27)と共に表紙を飾り、女性ファンの間で話題沸騰中だ。ホテルでの密会をテーマにした巻頭グラビアは、18ページにわたり“熱愛流出”を思わせるスナップ風の写真を掲載。

 過去に同誌で披露した大胆な露出こそないものの、小嶋との熱い抱擁やギリギリまで顔を近づけた密着ショットが艶めかしい。斎藤の代名詞ともいえる男の色気を惜しげもなく披露している。

 このセクシーグラビアには「あの俳優への対抗心もあるのでは?」(芸能関係者)といった指摘もある。NHK朝ドラ「あさがきた」の"五代さま"役で女性たちの心を鷲づかみにしたディーン・フジオカ(35)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る