• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ananでお色気再び…斎藤工の原点回帰に“激似俳優”の存在

 2011年に放送された斎藤工(34)主演の医療ドラマ「最上の命医」(テレビ東京系)が10日、スペシャル版「最上の命医2016」として復活する。番組HPに届き続ける続編待望の声から実現に至ったという。

 その斎藤が発売中の「anan」でAKB48の小嶋陽菜(27)と共に表紙を飾り、女性ファンの間で話題沸騰中だ。ホテルでの密会をテーマにした巻頭グラビアは、18ページにわたり“熱愛流出”を思わせるスナップ風の写真を掲載。

 過去に同誌で披露した大胆な露出こそないものの、小嶋との熱い抱擁やギリギリまで顔を近づけた密着ショットが艶めかしい。斎藤の代名詞ともいえる男の色気を惜しげもなく披露している。

 このセクシーグラビアには「あの俳優への対抗心もあるのでは?」(芸能関係者)といった指摘もある。NHK朝ドラ「あさがきた」の"五代さま"役で女性たちの心を鷲づかみにしたディーン・フジオカ(35)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る