覚醒剤は再犯率60%…出所の清原被告は“断薬”できるのか

公開日: 更新日:

 清原和博被告(48)が1カ月半ぶりにシャバの空気を吸った。2月2日に覚醒剤取締法違反で逮捕されてから44日。17日に保釈金500万円を現金で納付し警視庁を出た清原被告は、持病の糖尿病の治療のため入院先の千葉県内の病院に向かった。

 釈放前、弁護士を通じて「心よりおわび申し上げます。皆さまを裏切ってしまったことを深く後悔するとともに、一から出直し、必ず更生することを決意しています」などとコメント。直筆のサインが入った文書には「必ず人の役に立つ人間になることを心に誓っております」と強い思いがにじんでいたが、なにしろ覚醒剤は再犯率が60%超とされる事犯である。

「もちろん、更生を願ってはいる。でも、現役時代の清原を知っている人間は、半信半疑というのが正直なとこ。意志が弱く、堪え性がない人間だったから……」


 と、巨人で同じ釜の飯を食った関係者がこう続けるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る