• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

覚醒剤は再犯率60%…出所の清原被告は“断薬”できるのか

 清原和博被告(48)が1カ月半ぶりにシャバの空気を吸った。2月2日に覚醒剤取締法違反で逮捕されてから44日。17日に保釈金500万円を現金で納付し警視庁を出た清原被告は、持病の糖尿病の治療のため入院先の千葉県内の病院に向かった。

 釈放前、弁護士を通じて「心よりおわび申し上げます。皆さまを裏切ってしまったことを深く後悔するとともに、一から出直し、必ず更生することを決意しています」などとコメント。直筆のサインが入った文書には「必ず人の役に立つ人間になることを心に誓っております」と強い思いがにじんでいたが、なにしろ覚醒剤は再犯率が60%超とされる事犯である。

「もちろん、更生を願ってはいる。でも、現役時代の清原を知っている人間は、半信半疑というのが正直なとこ。意志が弱く、堪え性がない人間だったから……」


 と、巨人で同じ釜の飯を食った関係者がこう続けるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る