被告差し入れの焼肉弁当を食レポした「清原報道」の悪ノリ

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反で起訴され保釈中の清原和博被告(48)が入院する千葉県松戸市内の病院前には、17日夜から常に数十人の報道陣が大挙していた。24時間態勢で病室にカメラのレンズを向け、カーテンの隙間から顔をのぞかせる清原の表情を撮った!と大騒ぎしている社もあったほどだ。

 先月2日に逮捕された清原被告は、警視庁の取り調べに「ストレスがあり、気を紛らわせるために覚醒剤を使っていた。嫌なことを忘れたかった」と供述したとされるが、今月17日に勾留先の警視庁本部から保釈されたことで今度は、取材合戦という報道陣からのストレスにさらされているわけだ。

 20日夜には、そんな取材陣に焼肉弁当30個が届けられた。差し入れの主は清原被告の友人で、清原被告本人の要請を受けて手配したものとみられる。さすがに、刑事被告人からかもしれない弁当に手をつける人間がいるはずがないと思ったら、そうじゃなかった。ほとんどが遠慮したとはいえ、中には「肉を口に入れると肉汁が広がった」「ナムルはごま油が効いていた」と1面で“食リポ”を載せるスポーツ紙もあったから、どうかしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍