被告差し入れの焼肉弁当を食レポした「清原報道」の悪ノリ

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反で起訴され保釈中の清原和博被告(48)が入院する千葉県松戸市内の病院前には、17日夜から常に数十人の報道陣が大挙していた。24時間態勢で病室にカメラのレンズを向け、カーテンの隙間から顔をのぞかせる清原の表情を撮った!と大騒ぎしている社もあったほどだ。

 先月2日に逮捕された清原被告は、警視庁の取り調べに「ストレスがあり、気を紛らわせるために覚醒剤を使っていた。嫌なことを忘れたかった」と供述したとされるが、今月17日に勾留先の警視庁本部から保釈されたことで今度は、取材合戦という報道陣からのストレスにさらされているわけだ。

 20日夜には、そんな取材陣に焼肉弁当30個が届けられた。差し入れの主は清原被告の友人で、清原被告本人の要請を受けて手配したものとみられる。さすがに、刑事被告人からかもしれない弁当に手をつける人間がいるはずがないと思ったら、そうじゃなかった。ほとんどが遠慮したとはいえ、中には「肉を口に入れると肉汁が広がった」「ナムルはごま油が効いていた」と1面で“食リポ”を載せるスポーツ紙もあったから、どうかしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  7. 7

    阪神は単独最下位へ転落 直面する高校球児からの総スカン

  8. 8

    イジメられっ子誕生会に友達ゼロ…地元警官の行動に共感が

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」映画化で月9変わるか

もっと見る