• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

保釈された清原被告 5月「法廷逆襲」に巨人軍は戦々恐々

 覚醒剤取締法違反(所持、使用)で逮捕、起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)が17日、勾留先の警視庁本部から保釈された。

 周辺道路の安全確保を理由にカメラの前での謝罪はなく、保釈前に「たくさんの方々にご迷惑とご心配をおかけしてしまったことを心よりお詫び申し上げます」とコメントを発表。乗り込んだワンボックスカーの後部座席は覆い隠され、久しぶりにシャバに出た清原被告の表情は見えなかった。

 持病の糖尿病治療のためとして入院先に直行した清原被告だが、今後、薬物の専門家による検査を受け、長い療養生活に入るとみられている。再び公の場に姿を見せるのは5月17日に決まった初公判の見込みだが、その清原被告の法廷証言に戦々恐々としているのが、賭博問題で大揺れのプロ野球界だ。

 覚醒剤の使用を全面的に認めている清原被告は、警視庁の調べに対し、動機について「嫌なことを忘れるために使った」と供述しているらしい。だが、依然として使用開始の時期や入手先などの真相は「闇」のままだ。清原被告の法廷証言に注目が集まる中で、とりわけ神経をとがらせているのがプロ野球界。現役時代のクスリの使用について“爆弾証言”が飛び出すのではないかと警戒しているためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る