イントロ部分が酷似? 名曲「天国への階段」にパクリ疑惑

公開日:  更新日:

 疑惑通りなら、青春時代に聴いてきた中高年には驚きだ。英ロックバンド、レッド・ツェッペリンの代表曲「天国への階段」の有名なイントロ部分にパクリ疑惑が浮上している。

 同曲は1971年に発表され、ギタリストのジミー・ペイジとボーカルのロバート・プラントが作詞・作曲したことで知られている。この2人に対し、米ロックバンド「スピリット」のギタリスト(故人)の遺産管財人が著作権侵害で訴えを起こし、米ロサンゼルス連邦地裁が5月10日に陪審員による裁判を開始することになったのだ。

 訴えによると、「天国への階段」のイントロで流れるアコースティックギターの調べは、1968年発表の「スピリット」のアルバムの「トーラス」という楽曲を盗用したとある。

 その真偽はもちろん、1971年発表の名曲になぜ今、ケチがつくのかなど、疑問は尽きない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る