隈研吾氏の反論に説得力なし 新国立“パクリ”騒動は泥沼化

公開日: 更新日:

 スッタモンダの揚げ句、大成建設などが提案したデザインA案に落ち着いた新国立競技場だが、当初案を手掛けた建築家のザハ・ハディド氏に“パクリ”疑惑を指摘されて、またぞろ、もめている。ザハ氏はA案について「我々のデザインにかなり似ている」とデータ流用を疑い、法的措置の検討まで表明。そんな中、A案を設計した隈研吾氏(61)が15日、外国特派員協会で“反論”会見を開いた。

 海外メディアからはA案とザハ案の類似点に関する質問が相次いだ。英メディアの問いに隈氏は、落ち着いた様子でこう答えた。

「8万人規模のスタジアムを設計する場合、座席を3段構造にするのが一番リーズナブルな選択肢。座席の傾斜についても、観客から見えやすい角度を計算しています。座席の配列など、ディテールについては東京都の火災予防条例などを考慮しました。その結果、ザハ案とは自動的に似てくる宿命にあると思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  9. 9

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

  10. 10

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る