企画書コピペ、書類盗み見 “パクリ騒動”起こす人の頭の中

公開日: 更新日:

 五輪エンブレムの盗作に揺れた2015年。年の瀬に新たなパクリ疑惑が世間を騒がせている。ベテラン歌手・平浩二(66)が今年5月に出したシングル曲「ぬくもり」(写真)の歌詞がミスター・チルドレンの「抱きしめたい」(92年)に酷似しており、発売元は回収を決めた。

「ぬくもり」を作詞したのは沢久美という60代の女性。盗作については否定しているが、歌詞の一致率は95%に上る。歌詞をパクったのかは不明だが、「一般の職場でもパクリ騒動は少なくない」とはビジネススキル研究所代表の鶴田慎一氏だ。

■職場での“パクリ”に2つのケース

「よく聞くのが上司に“新サービスの企画案を出せ”と迫られ、期日が迫ったため同僚のパソコンを盗み見て書類を作るケース。同じ内容の企画書が出ているからすぐにバレるのに、切羽詰まって盗用してしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る