• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

企画書コピペ、書類盗み見 “パクリ騒動”起こす人の頭の中

 五輪エンブレムの盗作に揺れた2015年。年の瀬に新たなパクリ疑惑が世間を騒がせている。ベテラン歌手・平浩二(66)が今年5月に出したシングル曲「ぬくもり」(写真)の歌詞がミスター・チルドレンの「抱きしめたい」(92年)に酷似しており、発売元は回収を決めた。

「ぬくもり」を作詞したのは沢久美という60代の女性。盗作については否定しているが、歌詞の一致率は95%に上る。歌詞をパクったのかは不明だが、「一般の職場でもパクリ騒動は少なくない」とはビジネススキル研究所代表の鶴田慎一氏だ。

■職場での“パクリ”に2つのケース

「よく聞くのが上司に“新サービスの企画案を出せ”と迫られ、期日が迫ったため同僚のパソコンを盗み見て書類を作るケース。同じ内容の企画書が出ているからすぐにバレるのに、切羽詰まって盗用してしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る