企画書コピペ、書類盗み見 “パクリ騒動”起こす人の頭の中

公開日: 更新日:

 五輪エンブレムの盗作に揺れた2015年。年の瀬に新たなパクリ疑惑が世間を騒がせている。ベテラン歌手・平浩二(66)が今年5月に出したシングル曲「ぬくもり」(写真)の歌詞がミスター・チルドレンの「抱きしめたい」(92年)に酷似しており、発売元は回収を決めた。

「ぬくもり」を作詞したのは沢久美という60代の女性。盗作については否定しているが、歌詞の一致率は95%に上る。歌詞をパクったのかは不明だが、「一般の職場でもパクリ騒動は少なくない」とはビジネススキル研究所代表の鶴田慎一氏だ。

■職場での“パクリ”に2つのケース

「よく聞くのが上司に“新サービスの企画案を出せ”と迫られ、期日が迫ったため同僚のパソコンを盗み見て書類を作るケース。同じ内容の企画書が出ているからすぐにバレるのに、切羽詰まって盗用してしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る