ライブに孫連れの男性客も 矢沢永吉“国民的人気”の裏側

公開日: 更新日:

 若者の間で矢沢永吉(66)の人気が上がっている。

 理由のひとつは、長年の永ちゃんファンが、それなりの立場(部長とか取締役とか)になっていてもライブに通い続けていること。彼らに誘われた部下の若者なども一斉にタオルを頭上に投げて盛り上がる。永ちゃんのノリノリのパフォーマンスも受けているし、アメ車やハーレーが駐車場に止まるお祭り感覚にハマり、ファンになっている人も多いのだ。

「好きなことやった人生のほうが絶対おもしろい。やっちゃえ!」と言う車のCMの影響もある。そんなことを大人に言われたことない若者には強烈なメッセージと捉えられている(実際、ツイッターなどには「永ちゃんが“好きなことやっちゃえ”って言うから○○始めます」とか冗談交じりの投稿も目立つ)。

 その永ちゃんが久しぶりにテレビに登場したのが、先週末放送の「SONGS」(NHK)。歌は2曲ほどで、時間はトークに費やされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  7. 7

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  8. 8

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  9. 9

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  10. 10

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る