• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライブに孫連れの男性客も 矢沢永吉“国民的人気”の裏側

 若者の間で矢沢永吉(66)の人気が上がっている。

 理由のひとつは、長年の永ちゃんファンが、それなりの立場(部長とか取締役とか)になっていてもライブに通い続けていること。彼らに誘われた部下の若者なども一斉にタオルを頭上に投げて盛り上がる。永ちゃんのノリノリのパフォーマンスも受けているし、アメ車やハーレーが駐車場に止まるお祭り感覚にハマり、ファンになっている人も多いのだ。

「好きなことやった人生のほうが絶対おもしろい。やっちゃえ!」と言う車のCMの影響もある。そんなことを大人に言われたことない若者には強烈なメッセージと捉えられている(実際、ツイッターなどには「永ちゃんが“好きなことやっちゃえ”って言うから○○始めます」とか冗談交じりの投稿も目立つ)。

 その永ちゃんが久しぶりにテレビに登場したのが、先週末放送の「SONGS」(NHK)。歌は2曲ほどで、時間はトークに費やされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る