• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライブに孫連れの男性客も 矢沢永吉“国民的人気”の裏側

 若者の間で矢沢永吉(66)の人気が上がっている。

 理由のひとつは、長年の永ちゃんファンが、それなりの立場(部長とか取締役とか)になっていてもライブに通い続けていること。彼らに誘われた部下の若者なども一斉にタオルを頭上に投げて盛り上がる。永ちゃんのノリノリのパフォーマンスも受けているし、アメ車やハーレーが駐車場に止まるお祭り感覚にハマり、ファンになっている人も多いのだ。

「好きなことやった人生のほうが絶対おもしろい。やっちゃえ!」と言う車のCMの影響もある。そんなことを大人に言われたことない若者には強烈なメッセージと捉えられている(実際、ツイッターなどには「永ちゃんが“好きなことやっちゃえ”って言うから○○始めます」とか冗談交じりの投稿も目立つ)。

 その永ちゃんが久しぶりにテレビに登場したのが、先週末放送の「SONGS」(NHK)。歌は2曲ほどで、時間はトークに費やされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る