ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

引きこもりと貧困生活…髭男爵・山田ルイ53世の壮絶半生

公開日: 更新日:

 子供の頃、あなたの学校にも1人くらいは「神童」がいたのではないだろうか。勉強も運動も得意で、異性にはモテモテ。ドラえもんの出木杉くんのように万能で完璧だった彼らは、果たしてその後、どのような大人になっていったのだろうか?

 髭男爵の山田ルイ53世(41)といえば、貴族キャラで「ルネッサーンス!」のギャグで一世を風靡した芸人。そんな彼の著書「ヒキコモリ漂流記」(マガジンハウス)では、神童と呼ばれた自分がひょんなことから道を踏み外して、引きこもりになって社会のレールから外れていく過程が克明に描き出されている。

 彼が語る人生のピークは小6。何をやらせても完璧でクラスのリーダー的な存在だった。ところが、名門中学に入り、教室で大便を漏らしてしまった時から転落が始まった。厳しい両親のもとで精神的にも追い込まれ、夏休みの宿題にも手をつけられなくなり、ついには登校拒否に。そこからは何年もの間、家に引きこもるようになり、家から出るのはバイトに行く時だけ。「人生が余ってしまった」と無気力に陥っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  10. 10

    緊急事態宣言いよいよ全面解除 感染しない外出の楽しみ方

もっと見る