「ゲッツ!」から12年…ダンディ坂野がたどり着いた“境地”

公開日:  更新日:

 同じ事務所の小島よしおから「ネタの話よりも投資信託の話に熱心」と暴露されて話題のダンディ坂野。前回のひつじ年は「ゲッツ!」が大ブレークした03年。干支が一回りした「究極の一発屋」が15年に「ゲッツ!」したいものとは--。

 小島のおかげで、最近その絡みの取材が本当に増えました(笑い)。「ラジオNIKKEI」からも出演依頼が来ました。

 まず、株を始めたのは22歳の頃。松本亨さんという経済評論家が監修した株のゲームがきっかけです。例えば「今年は冷夏の予報が出てエアコンの売れ行きが悪いからこの株が買い」とか、架空の情報で株が変動するゲームで、あっという間に億万長者になる。

 それを夢見て、湾岸戦争で石油が上がるというんで、1株200円くらいの鉱山株を20万円分くらい買いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る